アッシジ刺繍**


   今日は文化の日、のんびりとした時間が流れる一日です

  文化の日にちなんで、とても珍しい刺繍のご紹介です

  
    『アッシジ刺繍』


      アッシジ

   アッシジ刺繍とは中世イタリアの伝統的な刺繍です

  イタリアの中部、ウンブリア地方に位置している聖人の町 「アッシジ」

   聖フランチェスコの生誕地として世界的に有名ですね

  古典的なアッシジ刺繍は聖獣デザインが多いのですが

   こちらはオリジナルでデザインなさった、レトロなお花柄

     アッシジ

   技法は輪郭をとる「ホルベインステッチ」とバックを埋める「クロスステッチ」の

   2種類を使った 区限刺繍

    幾何学模様や様式化された模様が多く、モザイクのような効果を持っています


   コチラの作品、よ~~く、ごらんになってみてください

  花びらの白い部分のみが元の生地です

   黄色と黄緑色のボーダー柄はクロスステッチ、

  1×1センチの四角の中に九つのクロスステッチが施されています

     アッシジ

    真ん中を縁取っているのはこちらも手編みの「タティングレース』

  細いレース糸を編んで一本のレースに仕上げていきます

   全てが手作り・・・・・・

   すばらしすぎる。。。。。。

    すごすぎる。。。。。手が器用すぎる。。。。。

  初めて貴重な刺繍を見せていただきました。

    ボチボチ、何か作品を作ってくださることになっていますので

  刺繍好きな方、お楽しみになさっていてくださいね ^^

   貴重な作品に出会えた、感謝の一日です

  ありがとうございました**

    作品、楽しみにしています ♪

                   chimneypot


Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts